本文へ移動

クリスマスローズの概要

①クリスマスローズとは

クリスマスローズは、クレマチス、オダマキ、フクジュソウなどと同じキンポウゲ科に属する宿根草です。
本来の名前(学名)は、ヘレボルス(Helleborus)と言います。クリスマスローズの語源は、ヘレボルスの原種の一種、ニゲル(H.niger)の英名に始まります。日本では、そのネーミングの良さから、ニゲルだけでなくヘレボルス全体の呼び名(和名)として使用されています。
近年では日本でも盛んに育種が進み、花の少ない冬から早春にかけて、色とりどりの花を咲かせてくれるため、『冬の貴婦人』と呼ばれ、多くの人々に親しまれています。
ニゲル(H.niger)・クロアチア
ニゲル(H.niger)・クロアチア(野々口稔撮影)

②クリスマスローズの故郷

クリスマスローズの原種は、おおよそ20種に分類され、ヨーロッパ全域から地中海沿岸、バルカン半島、黒海沿岸、そして中国に自生しています。特に、アドリア海を挟んで、イタリア半島とバルカン半島には多種の原種が自生しています。
原種は、落葉樹林や雑木淋の中、或いはその縁部、日当たりの良い石灰岩の岩場や牧草地など、様々な場所に自生しています。石灰岩が分布する地域に多く自生していますが、表層の土壌pHは5.5~6.5と弱酸性を示します。
気候を日本と比較すると、夏場の気温が低く、降雨量が少ない傾向があります。夏場、たとえ日中の気温が35℃以上になっても、夜間は20度以下になるなど、植物にとっては過ごし易い環境と言えます。
(注)クリスマスローズの自生地の写真は、中島敏子様、野々口稔様より借用したものです。
アーグチフォリウス(H.argutifolius)・フランス・コルシカ島(中島敏子撮影)
アーグチフォリウス(H.argutifolius) フランス・コルシカ島
フェチダス(H.foetidus)・イタリア
フェチダス(H.foetidus)     イタリア
ニゲル(H.niger)・イタリア
ニゲル(H.niger)         イタリア
ムルチフィダス・イストリアクス(H.multifidus istriacus)・スロベニア
ムルチフィダス・イストリアクス(H.multifidus istriacus)スロベニア
ムルチフィダス・ムルチフィダス(H.multifidua multifidus)・クロアチア
ムルチフィダス・ムルチフィダス (H.multifidua multifidus) クロアチア
ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌス(H.multifidus hercegovinus)・モンテネグロ
ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌス(H.multifidus hercegovinus)   モンテネグロ
トルカータス(H.torquatus)・ボスニア
トルカータス(H.torquatus Bosnia)ボスニア
トルカータス(H.torquatus)・モンテネグロ
トルカータス(H.torquatus Montenegro)モンテネグロ
アブルジクス(H.abruzzicus)・イタリア
アブルジクス(H.abruzzicus)    イタリア
アトロルーベンス(H.atrorubens)・スロベニア
アトロルーベンス(H.atrorubens) スロベニア
クロアチクス(H.croaticus)・クロアチア
クロアチクス(H.croaticus)    クロアチア
デュメトルム(H.dumetorum)・ハンガリー
デュメトルム(H.dumetorum)   ハンガリー
シクロフィルス(H.cyclophyllus)・マケドニア
シクロフィルス(H.cyclophyllus) マケドニア
リグリクス(H.liguricus)・イタリア
リグリクス(H.liguricus)     イタリア
オドルス(H.odorus)・ボスニア
オドルス(H.odorus)       ボスニア
オリエンタリス・オリエンタリス(H.orientalis orientalis)・トルコ(中島敏子撮影)
オリエンタリス・オリエンタリス(H.orientalis orientalis)トルコ
プルプラセンス(H.purpurascens)・ハンガリー
プルプラセンス(H.purpurascens) ハンガリー
チベタヌス(H.thibetanus)・中国(中島敏子撮影)
チベタヌス(H.thibetanus)    中国
ヴィリディス(H.viridis)・イタリア
ヴィリディス(H.viridis)     イタリア

③クリスマスローズの分類

クリスマスローズは、起源的な分類(原種と交配種)と、形状的な分類(有茎種と無茎種)を組み合わせて分類されています。
原種は紫色や緑色の花が多く、交配種の様な派手さはありませんが、魅力的な細葉や柑橘系の良い香りを有する原種があるなど、野趣あふれる素朴さに人気があります。一方、交配種は日本の風土にも適応した丈夫さ、そして、特に無茎種(H.ヒブリダス)は、花色の豊富さ、鮮やかさが、バランスの整った花形などが、多くのファンを魅了しています。
 

●分類表

日本語
学 名
原 種 有茎種
アーグチフォリウス
H. argutifolius
フェチダス
H. foetidus
リヴィダス
H. lividus
ニゲル
H. niger
ヴェシカリウス
H. vesicarius
無茎種
○小葉が小さく分岐が多いタイプ(小輪系)
ムルチフィダス・ヘルツェゴヴィヌス
H .multifidus hercegovinus
ムルチフィダス・ムルチフィダス
H. multifidus multifidus
トルカータス
H. torquatus
○小葉が小さく分岐が多いタイプ(大輪系)
アブルジクス
H. abruzzicus
ボッコネイ
H. bocconei
○小葉が大きく分岐が少ないタイプ(小輪形)
アトロルーベンス
H. atrorubens
クロアチクス
H. croaticus
デュメトルム
H. dumetorum
オキシデンタリス
H. occidentalis
○小葉が大きく分岐が少ないタイプ(大輪形)
シクロフィルス
H. cyclophyllus
リグリクス
H. liguricus
ムルチフィダス・イストリアクス
H. multifidus istriacus
オドルス
H. odorus
オリエンタリス・アブチャシクス
H. orientalis abchasicus
オリエンタリス・オリエンタリス
H. orientalis orientalis
オリエンタリス・グッタータス
H. orientalis guttatus
プルプラセンス
H. purpurascens
チベタヌス
H. thibetanus
ヴィリディス
H. viridis
交配種 有茎種
アシュウッデンシス
H.×ashwoodensis (H. niger×H. vesicarius)
バラーディアエ
H.×ballardiae (H. niger×H. lividus)
ベルチェリ
H.×belcheri (H. niger×H. thibetanus)
エリックスミシー
H.×ericsmithii (H niger×H. sternii)
ニゲルコルス
H.×nigercors (H. niger×H. argutifolius)
サヒニー
H.×sahinii (H. niger×H. foetidus)
ステルニー
H.×sternii (H. argutifolius×H. lividus)
無茎種
ヒブリダス
H.×hybridus
TOPへ戻る